自宅での脱毛は危険

自宅で脱毛するのは危険

自宅,脱毛,危険

 

自宅での脱毛には危険な事があります。家庭用脱毛器を正しく照射すれば火傷等はないですが、素人が行うので危険が伴います。自宅で行う場合は、脱毛器を購入して脱毛した部位に当てていく方法で出力が自宅用でも調整が可能になっています。

 

素人が判断して行うので、炎症している部位に照射してしまう事もあります。冷却が十分に出来ていなかったり、毛周期を間違って効果が出ない等の力が発揮されない事も出てきます。自分で光を照射すると同じ部位に何度も重ねて照射してしまう事もあり、脱毛回数が必要以上に増えて肌に負担がかかってしまいます。

 

カミソリや毛抜きでムダ毛の処理を行う場合も危険で、脱毛料金は安くなるが毛嚢炎や埋没毛を引き起こしてしまう事もあります。皮膚のコンディションは本人でも分かりにくいので、サロンのスタッフが見ても分からないので注意しないといけないです。

 

ライトを照射した時に普段よりも熱いと感じたら、火傷を負った可能性があるので直ぐにフタッフに伝えるようにします。冷やしてもらったりして、処置をしてもらいます。施術後に患部を冷やした時に火照るようなら、熱傷の目安です。

 

火傷の対処法は冷やす事で、市販の火傷薬を塗ったりすると跡が残るリスクが減ります。

脱毛と除毛の違いとは?

自宅,脱毛,危険

 

脱毛とは毛を毛根から取り除く事で、自己処理をする方法とエステやクリニックで行う方法があります。毛抜きとピンセットとワックスと家庭用脱毛器を使って毛を抜く自己処理方法は、自宅で手軽に出来るのが最大のメリットです。

 

しかし毛穴が開いたり炎症によって色素沈着する等、肌トラブルを引き起こす可能性があります。エステやクリニックで行う場合は、エステでは光脱毛と二ドール脱毛でクリニックでは医療レーザー脱毛が行われています。

 

熱によって毛根の細胞を破壊してムダ毛を処理していき、破壊された毛根からは毛が生えてこなくなるので長時間の効果が期待出来ます。皮膚深部の毛根から処理をするので、多少の痛みは伴います。除毛とは肌の表面に出ている毛を取り除く事で、カミソリやシェーバーで剃る方法とクリーム等の除毛剤を使用する方法があります。

 

カミソリやシェーバーで剃る方法の場合は、剃った直後から肌から毛がなくなります。しかし直ぐに毛が生えてくるので、頻繁に処理を行わないといけないです。カミソリ負け等があり、肌を傷めてしまう危険性があります。

 

除毛剤は除毛クリームや脱毛クリーム等と呼ばれていて、肌の表面の毛を溶かして除毛していきます。剃るよりも毛が生えてくる時間が長いですが、タンパク質を溶かす性質があるので毛だけではなく肌のタンパク質も溶かす働きがあり、肌がヒリヒリしたりする事もあります。

C3所沢店のご予約・場所の詳細!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページでシースリーの詳細をチェックしてみてください。